私たちの身近にある『ビール』について深く知る

~ビールの歴史~

ビールといえば、現在では世界中の人たちから愛されている飲み物だ。そんなビールはいつ頃に誕生したものなのか、その歴史を知っている人は多くないだろう。まずはビールは何時の時代からあるものなのか、そして現代に至るまでにどのような進化を遂げたのかを見ていこう。

紀元前

ビールが誕生したのは紀元前4000年ほど前。資料によると、メソポタミア文明のシュメール人によって作られたと記されている。シュメール人が遺したとされている粘土板に、楔形文字で書かれたビール造りの姿が、それを証明しているのだ。

当時のビールは、麦を乾燥させて粉にし、それをパンにして砕き、水を加えて発酵させるという作り方をしていた。

当時のシュメール人にとって、ビールは神様に捧げるものとしても扱われていたが、人々が日常的に飲む飲み物でもあったのだ。学校でも習うほど有名なハムラビ法典には、ビールに関する法律が記述されている。そこにはビールを水で薄めたら処罰を受けるといった内容などが記されている。

ギリシャやローマでは、ビールよりもワインが主役として扱われていた。当時のビールは味が粗悪なものとなっており、野蛮人が飲むまずい飲み物であるという認識だったのだ。

ビールが粗悪だった理由としては、ヨーロッパの気候が麦が育ちづらい環境であったためといわれている。

中世

中世になる頃には、ヨーロッパでも上質なビールが製造されるようになる。当時は修道院でビールが製造されており、修道士や僧侶たちは醸造知識に優れていたため、上質なビールを製造することができたのだ。当時のビールはグルートと呼ばれる香味剤を使って作られており、栄養補給を目的としても飲まれていた。

11世紀後半頃になると、ホップを使用したビールが好まれるようになる。13世紀になるとホップビールとこれまで飲まれていたグルートビールの競争が起こるようになった。

そして1516年にドイツでビール純粋令というものが出される。これは大麦・ホップ・水の3つの原料以外は使用してはいけないという決まりになっており、破った場合には厳しい処罰が下されることになっていた。

近代

近代になると、パスツールという学者がパストリゼーションという殺菌法を編み出した。これは摂氏100度以下の温度で殺菌する方法で、これによりビールは長時間変質しないようになり、ビールが長持ちするようになったのだ。

また、カール・フォン・リンデというドイツの技術者によって冷凍機が開発されたのもビールの発展に大きく貢献した。この冷凍機によって季節を問わずビールを製造できるようになり、ビールが一年を通して普及できるようになったのだ。

一方日本では、明治20年頃に様々なビール会社が誕生し、当時の日本のビールには酒税がなかったのだが、明治34年に酒税が課せられるようになった。

第一次世界大戦が起こると、日本のビールのアジア進出が盛んになった。東南アジアなどは世界大戦の影響でヨーロッパからビールが断たれるのだが、日本は地理に恵まれたおかげかほとんど戦争には参加していなかったため、経済を発展させることができたのだ。

しかし、昭和初期になると不況となり、ビール税が毎年のように増税されるようになってしまう。そして太平洋戦争が起こると麦やホップを入手することが困難になり、生産量は次第に減少していった。

現代

戦後の日本は、ビール会社は自由に販売や出荷ができるようになり、昭和30年代になるとビールの需要が大幅に伸びるようになった。これまではビアホールなどでしか飲むことができなかったビールが、次第に家庭でも飲まれるようになったのだ。当時は電気冷蔵庫も普及していたため、さらに拍車をかけるように需要が高まった。

昭和50年代にはビールの安定成長期に入り、次第に生産量は増えていき、現在のような様々なビールが販売されるようになったのだ。

現代のビールは、海外ブランドのビールも国内ライセンスを取得して生産しており、様々な国のビールを飲むことができるようになっている。皆さんも日本のビールだけではなく、世界中のビールの味を楽しんでみてほしい。

~ビールの原料~

ビールはどういう原料で作られているのか、原料について紹介していこう。

まずは水だ。水といえば、すべての食べ物、飲み物の根本とも言っていい存在だ。ビールの味は水の質によって左右されるといっても過言ではない。

品質の高いビールには、品質の高い水が使用されている。日本の水、特に東京の水はひどく不味いといわれており、それだけ上質な水が手に入りにくいのだ。

日本のビールは淡色ビールのため、軟水が良いといわれている。その一方で濃色ビールには硬水が良いといわれている。

麦芽

ビールを作るうえで欠かせない原料の麦芽。これは大麦の種子を発芽させたもののことだ。

元々麦芽はパンの製造に使用されていたが、麦芽で作られたパンを食べかけの状態でしばらく放置してみたら、甘みが増してさらに発酵されることでアルコールが作られることが発見された。この発見がビールが作られるようになったきっかけになる。

現代ではビール大麦というビールの製造に適した大麦を使用してビールを製造している。

ホップ

ホップもビールの製造には欠かせない原料だ。

ホップを使用しなくてもビールを作ることは可能だが、ホップを使用することでビールに苦みを与えたり、腐敗を防いだり、泡もちを良くするといった効果がある。

11世紀まではビールの製造にホップは使われていなかったが、ホップを使用したビールは品質が高いことが発見されたことから、現代でもビールの製造にはホップを使用している。

米・コーン・スターチ

これらの原料はビールの味などを調整するために使用されている。

しかし、ビール愛好家の中には米やコーンスターチを使用したビールを好まない人もいる。ただし、これは人の好みにもよるし、米やコーンスターチを使用したビールを好んでいる人もいるので、皆さんも自分の舌で味わってみてほしい。

糖類

糖類は主にスタウトビールに使用する。スタウトビールとは、黒くなるまでローストした大麦を使用したビールのことだ。

糖類を加えることで、発酵性エキスの濃度が高くなり、それに伴ってアルコール度数も高くなる。

~ビールの製造法~

ビールがどのようにして作られているのか、知らない方も多いのではないだろうか。ここではビールの製造工程について、一つずつ解説していこう。

製麦

まずは大麦から麦芽を製造し、麦についている汚れを取り除き、発芽させる。発芽したら乾燥室で熱風を与え、焙燥させる。こうして麦芽を作り出しているのだ。

仕込み

次に仕込みだ。

先ほど製造した麦芽を細かく砕き、米やコーンスターチなどと一緒に混ぜ合わせる。適度な温度にすると、麦芽の酵素が働きだしてでんぷんが糖に変わっていく。これを濾過し、ホップを加えて煮沸する。これにより麦汁が出来上がるのだ。

発酵

出来上がった麦汁を冷却し、酵母を加えて発酵タンクに入れる。発酵には上面発酵と下面発酵の二つがある。

上面発酵とは、上面発酵酵母を使用し、高めの温度(20℃ほど)で発酵を行う醸造法だ。ペールエールやスタウトといったビールが当てはまる。

下面発酵とは、下面発行公募を使用し、低めの温度(10℃ほど)で発酵を行う醸造法のこと。日本のビールのほとんどはこの下面発酵によって作られている。

一週間ほどの間に酵母が働きだし、糖分をアルコールと炭酸ガスに分解する。このビールを若ビールと呼んでいる。ビールという名前だが、この時点ではまだ皆さんが普段飲んでいるビールの味はしない。

貯酒

出来上がった若ビールは貯酒タンクに移される。貯酒タンクで数十日の間、0℃で貯蔵される。この期間にビールが熟成し、皆さんが飲んでいるようなビールの味になるのだ。

ろ過

熟成が完了したら濾過を行う。濾過されることで、透き通った色に仕上がるのだ。

容器詰め

出来上がったビールを容器に詰めていく。ビンや缶など、種類によって異なる。

容器詰めされるまでにかかる期間は、およそ2~3ヶ月ほどといわれている。これほどの期間をかけて、私たちが普段飲んでいるビールが製造されているのだ。

後は小売業者や酒屋などに出荷され、消費者の手元に届くようになっている。

国別ビールの生産量と消費量

現在、ビールは世界各国で愛されている酒となっている。このビールは、どれほど生産され、消費されているのだろうか。

2016年のデータを見てみよう。

国別ビール生産量

1位:中国
2位:アメリカ
3位:ブラジル
4位:メキシコ
5位:ドイツ

国別ビール消費量

1位:中国
2位:アメリカ
3位:ブラジル
4位:ドイツ
5位:ロシア

このデータを見てみると、生産量も消費量も1位から3位までは同じとなってることがわかる。中国はビールの生産も消費も盛んであるということだ。

これは数値上にも現れていて、中国は生産量が4141万6700kl、消費量が4,177.2万klなのに対し、2位のアメリカは生産量が2213万5300kl、消費量が2,424.5万klとどちらも倍近くの数値の差が出ている。

中国はまさにビール大国といっても過言ではないのだ。

ビールを売るならここ!【買取業者まとめ】

ビールを買い取ってもらう場合は、以下の業者を利用してみよう。どの業者も高額買取を行っているため、おすすめだ。

ファイブニーズ

ファイブニーズはお酒の買取に特化した業者だ。

日本全国どこでも買取を行うことができ、買取方法も出張買取、宅配買取を選ぶことができる。査定方法も豊富で、電話査定やオンライン査定、LINE査定、FAX査定などに対応。

買取を行うのは、お酒に精通したプロフェッショナルの人たちなので、安心して買取することができる。高額買取を期待するなら、このファイブニーズに決まりだ。

スピード買取

名前の通り、早く高く買い取ることができる業者だ。

出張買取価格・顧客満足度No.1という実績を持っており、多くの利用者から高評価を得ている。最短30分で買取を行うことができるという驚異のスピードだ。直接自宅に来てくれるので、すぐにでも買取をスタートできる。

もちろん宅配買取にも対応しているので、家に来られたくないという人はそちらを利用しよう。今すぐにでも買い取ってもらいたいのなら、スピード買取がおすすめだ。

なんぼや

ブランド買取を行っていることでも有名な、なんぼや。

他社では買取を行っていないものも買い取ってもらえるケースがあるため、買取不可と言われたお酒がある場合はぜひなんぼやを利用してみてほしい。

仮に買取金額が1000万円を超してしまっても即日で現金を渡すことができる。今すぐにでもお金がほしいという人たちのニーズに応えている買取業者なのだ。