ビール大国のドイツでは冷やさないで飲む!【ドイツビールの特徴】

ドイツのビールは、日本のビールと違い様々な特徴がある。今回はドイツのビールについて紹介しよう。

ドイツビールの最大の特徴は日本のビールと『色』が違う!!

ドイツは世界屈指のビール大国であるといわれている。そのドイツのビールは、日本のビールとは色が違うのをご存知だろうか。

日本のビールといえは淡い黄金色のビールだが、ドイツのビールは黒いものもあれば黄金色のものもあったりなど、実に種類が多い。

ビールの色合いは麦芽によって変わる。麦芽の濃度にもよるが、単純に使っている麦芽の種類によっても変化するのだ。麦芽100%のビールでも、色が違うものがあるのは麦芽の種類が違うからなのだ。

ドイツではビールをキンキンに冷やさない!

そんなドイツのビールは、キンキンに冷やさないで飲むようになっている。

日本のビールは冷えていた方が美味しいといわれていて、ドイツのビールとは真逆のものとなっている。日本のビールの価値観でドイツに行くと、その文化の違いに驚かされる。

「ビール=冷やすもの」だと思っている人もいるかもしれない。しかし実際には冷やす必要はない。日本で冷やされているビールが好まれているだけなのだ。

その違いはビールのスタイルにある。日本で愛されているのはラガービールと呼ばれるもので、このビールは冷やした方が美味しいビールとなっている。

一方で冷やさない方が美味しく飲めるビールがエールビールと呼ばれている。海外にはエールビールが好まれている国もあり、海外旅行に行くとビールが冷えていなくて驚く人もいるほどだ。

ドイツはどうなのかというと、どちらかといえばラガービールの方が多めではある。ではなぜドイツのビールはキンキンに冷やさないのだろうか。

それには気候が関係している。ヨーロッパは日本と比べると冷えた気候となっており、そもそも飲み物を冷やすという文化がない。日本などのアジアは暑い季節もあるため、冷たい飲み物を飲む習慣があるということだ。

ドイツビールの歴史

ドイツはビール大国と呼ばれており、ドイツとビールには深い関係がある。その長い歴史の中でも、特に注目するべきなのがビール純粋令だ。

ビール純粋令とは、ビールの原料を麦芽、ホップ、水、酵母の四つのみに限定すると定められたものだ。日本のビールでは米やコーンスターチなども使われる場合があるが、ドイツのビールはこの四つしか使われない。

なぜこのような令があるのかというと、ビールの品質向上を目的にしたものと、麦の使用制限を目的とした二つの理由がある。

この令が制定されたのは1516年だ。当時のビールには上記の四つの他に、香草や果実なども使われていた。それだけならば良いのだが、中には毒草が混ざっていたり、ビールとしては品質が低すぎるものなども作られていたのだ。

劣悪なビールが製造されるのを防ぐために、この令は制定された。

また、小麦はパンなどを作るために必要な素材であるため、ビールへの使用を禁止して食料を保つという目的もあった。

現在ではあえてこのビール純粋令に従う必要はないかもしれない。しかしこの令があるからこそ、今もドイツのビールは高品質を保てているのかもしれない。

ドイツの代表的なビール【まとめ】

https://wbmnagoya.owst.jp/

ドイツの代表的なビールにはどのようなものがあるのか、いくつか紹介しよう。

ヴァイツェン(Weizen)

ドイツの最北端で作られているビールだ。

果実の味がするのが特徴で、リンゴやバナナの香りや風味を感じることができる。それでいて甘みが抑えられていて、総じて飲みやすいビールとなっている。

ヴァイツェンという言葉はドイツ語で小麦という意味がある。このビールには小麦を50%以上使用しており、泡立ちに優れている。小麦の魅力が存分に詰まったビールだからこそ、ヴァイツェンという名前が使用されているのだ。

ラードラー(Radler)

ラードラーという言葉には、ドイツ語で「自転車乗り」という意味がある。

1920年代のドイツでサイクリングロード沿いにあった酒場に自転車乗りたちが集い、皆ビールを飲んでいた。日本では当然自転車と言えどお酒を飲んだら飲酒運転になるのだが、当時のドイツは自転車乗りでありながらビールを飲んでいたようだ。

しかしあまりにも自転車乗りたちが集ってしまったせいか、ビールがなくなりそうになってしまった。そこで酒場の店主はビールをレモネードで割ってお客さんに出したところ、これが自転車乗りに高評価だったことから、このお酒が誕生したと言われている。

味わいは簡単にいうとレモン味のビール、といったところだ。そのまんまの味だが、レモンの風味とビールの風味が喧嘩せずにマッチしており、のどごしも気持ちいいほどだ。日本ではサントリーが販売しているので、ぜひとも一度飲んでみてほしい。

ピルス(Pils)

日本ではピルスナーとも呼ばれているビールだ。

日本のビールに近いところがあるため、ドイツのビールを初めて飲む際におすすめだ。

もちろんドイツでも高い人気を誇っており、ドイツでの売り上げの6割はピルスナーであるといわれている。国王やドイツの初代首相も愛飲しており、まさにドイツを象徴するビールと言えるだろう。

味わいは苦みはあるものの、上質なコクも味わうことができるものとなっている。ドイツのビールを飲むならば、まずはピルスを飲んでみよう。