ちょっと癖がある【タイビールの特徴】

タイのビールは癖があるものが多いのが特徴

タイのビールは癖があるものが多いのが特徴となっている。

癖があるため、ビールに慣れていない人にとっては少々キツイところもあるかもしれない。タイ料理自体も癖のあるものが多いので、そういった意味では料理とマッチしたビールといえるだろう。

もっとも、タイ人の人たちにとっては当たり前のことだ。われわれ日本人にとっては癖があるというだけなので、タイにいったときは予めその覚悟を持っておこう。

要チェック!タイではビールが購入できない時間帯と日が存在する

1つ注意しておきたいのが、タイではビールが購入できない時間帯と曜日があるということだ。

日本ではコンビニがあるから、何時でも好きな時間帯にビールを買って飲むことができる。しかしタイではそうではないのだ。

タイでは、11時から14時までの間と、17時から24時までの間の時間のみお酒を販売している。つまりこの時間以外はお酒を購入することができないのだ。

時間にもシビアで、この時間を一分でも過ぎるとすぐに買えなくなってしまう。日本では時間にルーズな店もあるが、タイでは14時1分になったらすぐに購入できなくなるので注意しよう。

また、選挙の前日や当日、仏教関係の祭日などには一日中お酒を購入することができない。タイにいった際はこのことに注意しておこう。

タイの代表的なビール【まとめ】

https://matome.naver.jp/odai/2140129355082591601/2140129483983023103

タイの代表的なビールにはどのようなものがあるのか、見ていこう。

レオ(LEO)

トラのシンボルが特徴のビールだ。

タイはもともと日本に比べると物価が安いのだが、このビールはビールの中でもさらに安く購入することができる。日本の発泡酒に似たような味わいなので、発泡酒好きの人にとっては合うかもしれない。

発泡酒に似ているためもともと味は薄目ではあるが、タイではグラスに氷を入れてレオを注いで飲むのが好まれている。さらに薄味になってしまうが、これが良いという人が多いようだ。

シンハー(SHINGHA)

タイ王室にも認められているビールだ。ラベルにはライオンのシンボルが描かれている。

モルトの風味がしっかりと感じられ、ホップの苦みも効いている。しかしそれだけではなく、その後にはほんのりとした甘さも感じられるようになっているビールだ。

これまでに数々の賞を受賞しており、世界的にも認められている1本。日本にもシンハーは販売しているが、タイで飲むシンハーとはまた違った味わいになっているといわれているので、シンハーの本当の味はタイでしか味わえないのかもしれない。

チャン(Chang)

象のシンボルが特徴的なビールだ。

タイの定番のビールとなっており、辛い料理に良く合う。タイ料理は辛い物も多いので、タイ料理との相性は抜群だ。

麦の香りが強く、ビールを飲みたいという気分にさせてくれるので、ビールに飢えているときにこの香りを嗅ぐとたまらないことだろう。

しっかりとしたコクがあるビールとなっていて、どこか日本のビールと似ている部分もある。辛い料理を食べるときは、ぜひチャンを一緒に飲んでみてほしい。